人生で、何度も見返す映画って、人それぞれ必ずありますよね。

管理人みっひーもいくつかありますが、「プラダを着た悪魔」は間違いなくその内の上位の1つで、

きっと世の中で同じくバイブル的存在として、落ち込んだ時などに何度も見てしまうという方が多いのではないでしょうか。

2006年に公開された作品ですが、今も尚1番好きな映画に推す人も多いはず!もしもまだ見た事がない方がいたらと思い、おすすめポイントや今更ながらなぜこんなに人気なのかについて考察してみました。

スポンサードリンク

ストーリーは?


プラダを着た悪魔<特別編> [ メリル・ストリープ ]

主人公 ➡ アンドレア・サックス(アン・ハサウェイ)

名門大学卒業後、田舎からジャーナリストを目指してニューヨークに上京してきた。ファッション雑誌『ランウェイ』でミランダのアシスタントに採用される。

アンドレアの上司 ➡ ミランダ・プリーストリー(メリル・ストリープ)

ファッション雑誌『ランウェイ』の編集長。ファッション業界に対し絶大な影響力を誇る人物。

メインのキャラクターは上記のお2人!主人公のアンドレアはジャーナリスト志望の為、正直ファッションに興味0の一般人。

そんな女の子がなぜかアメリカ1の力を持つファッション雑誌の編集長のアシスタントになったのだからさあ大変!というありがちな展開ながら、もうこれが本当におもしろい!!

やっぱりこの映画のヒットのポイントは、何を置いてもまずは名女優メリル・ストリープ演じるミランダの鬼上司っぷりに目が釘付け!!というところではないでしょうか?こんな上司がいたら絶対に嫌だけど、映画で見るのならウェルカム!

そんな鬼上司の下で、最初は興味0だった主人公がファッションにも目覚め、どんどんできる美しい女性へとなっていくのですが、それが果たして自分の目指す姿なのか、目指す世界なのか・・・

がむしゃらに夢に向かって頑張る女性の応援的ストーリーです。

推しキャラで1分アピール!

今作の推しキャラはどうしたってこの方メリル・ストリープ演じるミランダで決まりでしょう!

あまりにも横暴ながら、ここまで見ている人に嫌悪感を与えず、最後には崇拝までされそうな、そんなキャラクターで、メリル・ストリープも数ある役の中でも当たり役だったのではないでしょうか?

最後、主人公のアンドレアと目が合い、ふと笑うあのシーンったらもう・・・!

憎い役どころなのです!

敵ながら最後は味方になるキャラクターって人気ですが、あんな感じでしょうか?(ドラゴンボールのベジータ、スラムダンクのみっちーしかり・・・)

ミランダ様語録
  • 昨日の朝私が持っていた紙切れ用意して。(どんなんやねん)
  • マディソンの店で見かけて気に入ったあのテーブル買っておいて。(一緒に行ってないし知らないし!)
  • 評判のあの店予約しておいて。(もはや超能力駆使しないと察知不可能・・!)

ミランダ様からのご要望はもはや無茶ぶりでしかないものの、できない人なんているの?ばりにお申し付け頂いてしまうので見ているこっちとしては笑っちゃいますよね。

スポンサードリンク

根強い人気作品となった理由の個人的考察

女性に人気となった理由は、やはりファッション業界という最高におしゃれな業界で働く女性をテーマにした事かと思います。

どのシーンを切り取っても最高におしゃれで、見ていて女子ならどうしてもテンションが上がります。また、同じく女子には絶大な人気を誇ったSATCの演出をされた監督、衣装もSATCで一気に人気に火がついたパトリシア・フィールドが手がけているとの事で、これはもはや鉄板タッグといっても良いのではないでしょか。

おしゃれな映像×頑張る女子=女子の大好物です!

仕事で大変な日々を送っている女性達は、自分はどうだろう?私ももっと頑張れるはず!なんて、自分に投影しやすい映画だったのだと思います。

でもなぜか、女性だけでなく男性にも意外と人気なんですよね・・・私の旦那も、完全に映画の趣味は男性的ですが、プラダを着た悪魔は好きな映画だそうです。

なぜ?!

男性の方のレビューを見ていると、テンポが良いとかストーリーがしっかりしているなど、映画の構成や出来栄えを賞賛しているような感想が多いような気がしました。

(あと主役のアン・ハサウェイがかわいいという意見も・・・笑)

確かに、見始めたらどんどんストーリーに引きこまれて飽きさせない、映画としての出来栄えもすごく高いように感じますね。

この映画を見ると、他にも同じような映画を見たくなるのですが、なかなか同じレベルでおしゃれで自分に投影しやすい映画って、無いのですよね・・・。

1番似ているといえば、映画ではないですが海外ドラマの「アグリーベティー」あたりでしょうか?映画だとキューティーブロンドあたり?ちょっと違いますが・・・。

続編があるって本当?

今回感想を書くにあたり「プラダを着た悪魔」で再度検索してみたところ、検索ワードに「プラダを着た悪魔 続編」の文字が・・・!

え!続編が出るのか・・・!

と思いきや、これはどうやら原作者であるローレン・ワイズバーガーが、続編小説『When Life Gives You Lululemons(原題)』を2018年6月5日に発売した事で検索ワードにあがっているようです。

続編では、ミランダのアシスタントを務め、主人公アンドレアの先輩だったエミリーが主役となっている様で、もしもこの続編も映画化の話が実現なんてしたらすごくすごく見てみたいですね・・!

また、同じく続編で検索すると出てくる『マイ・インターン』という映画は、主演が同じくアン・ハサウェイというだけで完全に別の作品です。

「プラダを着た悪魔から9年ー」なんていうキャッチフレーズで宣伝されているものだからついにきたーー!と思ってしまいましたが別作品でした。。。

こっちはアン・ハサウェイがニューヨークでファッションサイトの社長に就いており、そこにロバート・デ・ニーロ演じる新人インターン(御歳70歳!笑)がやってくるというストーリーの様子。

2015年に公開されていたそうで、全然知りませんでした。。。

ニューヨークで且つファッションサイトとくれば、こちらもおしゃれな映画に仕上がってそうです!

先日オーシャンズ8も見て、ますますお気にいりの女優になったアン・ハサウェイ!これは見なくては!

created by Rinker
¥1,320 (2024/06/17 03:29:08時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,320 (2024/06/17 03:29:08時点 楽天市場調べ-詳細)
スポンサードリンク